perio Blog

2011年8月20日 土曜日

歯周病と全身疾患との関係

歯周病は糖尿病、心疾患をはじめ様々な全身疾患との関連性が報告されています。 歯周病を引き起こす細菌が、肺炎や細菌性心内膜炎を 起こし、さらに血栓を作り脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。妊産婦では、早産、低出生体重児の危険があります。近年、糖尿病との関係が非常に深い事もわかってきました。

1. 糖尿病
歯周病も糖尿病も、どちらも生活習慣病であり血管の障害や免疫の低下をもたらします。糖尿病が歯周病を悪化させることは以前から報告されてきましたが、現在では、歯周病が糖尿病を悪化させるという、相互の影響が指摘されています。また、歯周病の治療を行い、プラークコントロールがしっかりしてくると、血糖値が下がることもわかってきました。

2. 細菌性心内膜炎
お口の中の歯周病原菌は組織に対して付着能力も高いものもあるため、心臓の弁やその周囲に感染して心膜炎を起こす危険が高くなることが報告されています。

3. 誤嚥性肺炎
 高齢者、特に寝たきりの方など体力が減弱している人は、嚥下機能も弱っているため誤嚥を起こし、歯周病原菌などが肺に進入して肺炎を起こす危険が高くなります。 この誤嚥性肺炎の病巣から歯周病原菌が検出されています。

4. 動脈硬化
歯周病の原因となる細菌の毒素が、血流に乗って血管に作用し動脈硬化を引き起こします。

5. 早産、低体重児
歯周病に罹患している部位から、毒素や炎症性物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして低体重児出産や早産のリスクが高まることが明らかになっています。母親が進行した歯周病にかかっている場合、低体重児を出産する率が7倍以上になるとも言われています。




投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ