用語集

2011年8月31日 水曜日

サイトカイン

サイトカインcytokineとは、細胞によって生産される可溶性たんぱく質で、他の細胞にシグナルを伝達する働きがある。主として生産された局所で作用する。
サイトカインは、炎症や免疫応答の開始や継続などをコントロールする。また、細胞の増殖や分化などを調節する。きわめて微量でその効果を発揮します。
1. 炎症性サイトカイン
炎症の過程で生産され、病態形成に関与する一連のサイトカインです。
2. 走化性サイトカイン
炎症性細胞(防御細胞)が必要とされる部位に移動できるように作用する。
3. リンパ球シグナリングサイトカイン
Th1リンパ球は細胞性免疫応答を増強し、Th2は体液性免疫応答を促進する。
4. サイトカインネットワーク
歯周組織の炎症巣には、歯周組織を構成する細胞らほかに免疫担当細胞(炎症性細胞)が存在し、これらが相互にサイトカイン生産を通じて炎症反応を活性化したり、慢性化するシグナルを交換するネットワークを形成している。


投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ