用語集

2012年1月23日 月曜日

アタッチメントレベルとプロービングデプスの違い

アタッチメントレベル(付着の位置)とは、歯肉が歯に付着する位置、すなわち歯肉溝底部やポケット底部の位置のことを指します。通常は、セメント-エナメル境CEJからポケット底までの距離のことを言います。この数値は、歯周病の進行や改善の指標として用いられます。

アタッチメントレベルの意義
アタッタメントレベルはその時点の距離よりも、治療後の距離と比較することに意味があります。
1. アタッチメントゲインとは、付着の獲得のことで、治療後に距離が浅くなった場合です。
2. アタッチメントロスとは、付着の喪失のことで、 距離が深くなっている場合です。歯周病が進行するとその距離が深くなり、アタッチメントロスが増えたことになります。

プロービングデプス(通常のポケット測定)との違い
ブロービングデブスとの違いは、深さの測定基準です。底の部分は両方とも歯周ポケットの底までですが、天井の部分がアタッチメントレベルでは歯肉ではなく、位置の変化しないセメント-エナメル境の部分になっています。プロービノグデプスでポケットが浅くなったから、歯周病がよくなったとはいえず、歯肉が退縮して相対的に数値が減ることもあるのです。その点、アタッチメントレベルは、通常測定するポケットの深さだけよりもより信頼性のある数値と言えます。

投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ