perio Blog

2012年2月28日 火曜日

歯周病になった歯の暫間固定 天白区コンドウ歯科

暫間固定とは、歯がグラグラと動揺している時や歯周外科手術(フラップオペ等)の時などに、隣の歯どうしを何本か一緒に固定してを安定させることを言います。これによって歯とその周囲の組織が、物を噛む力やブラッシングに耐えられるようになります。
■ 暫間固定の目的は?
1. 歯の動揺を減少させる。
2. 咬合力や咀嚼力を分散させ,動揺歯に作用する力を生理的範囲内に収める。
3. 動揺歯の修復治癒を促進させるために,歯周組織の安静を確保する。
4. ぐらつきを抑えることにより,食片圧入を防止する。
5. 歯の移動を予防する。
6. 噛み合わせの機能や咀嚼機能を改善する。
7. 不快感や疼痛を除去する。
■ 暫間固定を行う時期はいつ?
1. 歯がぐらついて痛い時
歯周病のためにぐらついて、痛くて噛めないときには、すぐ行うと効果的です。固定することにより炎症も次第に安定して、腫れも引いてきます。
2. 歯周外科手術の時
歯周外科手術を行う場合、手術の前後の歯周組織を安定させて、手術に耐えられるように暫間固定をします。
3. 外傷の時
歯をぶつけて脱臼した場合も、動揺歯を固定して安定させます。
■ その方法は?
1. 接着性レジン(プラスチック)で歯の間をつなぐエナメルボナドシステムをします。
2. ワイヤーにより金属線結紮法をおこなう。
3. 連結冠による固定法をする。
■ 期間は?
暫間固定法の適応期間は,症例により大きな差異がありますが,一般的に最低1ヵ月は必要であり,経過観察を行い,6ヵ月を目安として行います。その後さらに必要なら永久固定として連結冠などを作成します。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ