用語集

2012年4月 1日 日曜日

侵襲性歯周炎

侵襲性歯周炎とは、全身的に健康であるが歯周組織の破壊が急速に進行する歯周炎です。米国歯周病学会は、1999年に「若年性歯周炎」と「急速進行性歯周炎」を合併して改名し、侵襲性(急速性)歯周炎aggressive periodontitisと命名しました。しかし、慢性歯周炎でも侵襲性があるので混同しないように区別しておく必要があります。
臨床の特徴
1. 歯周組織の破壊が急速に進行する。(アタッチメントロスと歯槽骨の破壊)
2. 全身的には健康である。歯周病のリスクファクターとなる全身疾患はない。
以下は、すべての症例に見られるわけではない。
3. 家族に類似した重症の歯周病がみられる。
4. 10~30歳で発症することが多い。
5. 病状進行に対してプラークの付着が少ない。
6. A. actinomycetemcomitans、P. gingivalisの存在比率が高い。
7. 生体防御機能、免疫応答に異常が認められる。(好中球、マクロファージなど)
分類
1. 限局型
2. 広汎型

全身的には健康であるが、歯周炎が急速に進行します。
以前は年齢を考慮していましたが、1999年AAP、2006年日本歯周病学会の分類では考慮されなくなりました。
しかし臨床では、年齢を考慮した分類のほうが病状を把握しやすく、治療法とも結びつき、有効な場合が多いです。


投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ