perio Blog

2012年4月19日 木曜日

歯周病のリスクファクター 名古屋市コンドウ歯科

歯周病(歯肉炎と歯周炎)の原因は、歯肉に炎症を初発させる「初発因子」と、炎症を生じやすくしたり、炎症を増悪させる「リスクファクター」に分類されます。
歯周病を初発させるのは、多くの研究から、「プラーク中の細菌とその生産物質」であることが明らかになってきました。

すなわち、プラークが歯周病を引き起こすもっとも重要な因子で、「初発因子」と言われています。
これに対して、プラーク以外の「炎症性因子」(歯列の凸凹している叢生、口呼吸、歯の形態異常など)は、プラーク細菌を増殖させたり、プラークを取り除きにくくしたり、細菌叢を変化させて、プラークによって初発した歯肉炎や歯周炎を増悪させます。これを「修飾因子」といい、最近では、「リスクファクター」と呼んでいます。

■ リスクファクターの種類 ■
A. プラーク増加因子

1. 食物の因子
軟かい、粘着性の食べ物はお口に停滞しやすいです。
2. 口腔内環境因子(清掃困難化因子)
歯石、歯列不正(叢生など)、口呼吸、歯冠・歯肉の形態異常、付着歯肉の狭小、小帯の異状、不良補綴物、食片圧入などは、ブラッシングを困難にして清掃不良になりやすくします。
3. 歯周ポケット
歯周ポケットの中を清掃するのは難しく、重度に深くなるほどより困難になります。
4. 口腔清掃の知識不足
口腔清掃の方法、タイミング、その部に最適な清掃道具などの知識が必要です。
B. 外傷性因子
外傷性咬合は、歯軋りや食いしばりなどの異常な咬合力により、歯周組織に咬合性外傷を引き起こします。
C. 全身性因子
全身性因子は、プラークに対する生体の反応に差を生じ、歯周組織破壊の進行に影響を与えます。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ