perio Blog

2012年6月 9日 土曜日

歯周病と知覚過敏 天白区コンドウ歯科

知覚過敏とは、「冷たいものを食べたり飲んだりする時に歯がしみる」、「歯磨きの時にブラシが当たると痛む」という症状です。
正式には、象牙質知覚過敏症と言います。
歯のエナメル質の下層は象牙質となっており、象牙質には神経に達する細い象牙細管という管があり、これを介して温度や刺激を神経に伝えます。この象牙細管の石灰化が悪く、太く開いている場合に外来刺激が神経に痛みとして伝わり、知覚過敏となるのです。
■ 症状
知覚過敏は、虫歯がないのに、冷たい(温かい)物、酸味の強い物や甘味食品を飲食した時、歯に風が当たった時、歯ブラシなどが 接触した際に誘発される一過性の電撃様疼痛(ズキーーン)です。
■ 知覚過敏を起こす原因
1. 歯周病の進行した場合
歯周病になり、歯周ポケットができたり、歯肉が後退していくと、歯根のセメント質が削れて減少していき知覚過敏になるケースが多いようです。
2. 歯石を除去(スケーリング)後
一時的に知覚過敏を引き起こすこともあります。スケーリングによって露出した象牙細管が、唾液中のカルシュームによって石灰化が進み、細管が閉鎖されるため知覚過敏は治まるのです。
3. 歯ぎしり、咬み合わせが悪い場合
歯に強い力が加わり続けると歯の付け根に応力がかかり、根元のエナメル質が細かく破折して削れていきます。この部分が知覚過敏となるのです。
4. ブラッシングに問題がある場合
強い力で大きく横磨きをする、歯磨き粉(研磨材が入っている)を付けすぎるなどして、エナメル質を傷つけてしまうと知覚過敏になります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ