perio Blog

2012年10月15日 月曜日

食べ物が歯にはさまる

歯の間に食べ物がはさまる事を食片圧入と言います。
■ 食片圧入による歯周組織の破壊
食事の時、食べ物が歯にはさま隣接歯との接触点から歯間乳頭部へ咬み込まれると、歯肉に傷がつくとともに圧迫力が歯根膜や歯槽骨に加わり、咬合性外傷が生じます。
さらに残留する食物残渣にプラークがたまり細菌が増殖します。歯周組織を高度に破壊する悪循環となります。
■ 治療方法
1. すぐに歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどで食物残渣を除去します。
歯肉を傷つけたり、さらに歯肉を押し付けないように注意して食べかすや線維性のの食片を取り除きます。
2. 歯科医院での治療を受けます。
・ 歯肉の炎症に対する処置・・・歯肉の消毒、投薬など
・ 噛み合わせの調整・・・間に噛みこむ歯の山と谷の調整
・ 開いてしまった歯間部の治療・・・連結冠、連結の詰め物など 
・ 溶けてしまった歯槽骨の治療・・・歯周外科、歯周再生療法など


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ