perio Blog

2012年11月19日 月曜日

歯周組織再生療法に影響する因子

フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)などの歯周外科手術の際、エムドゲインなどの歯周組織再生療法を受けた場合、どの程度回復するかは、気になるところです。歯周組織の病的なところを徹底的に取り除き、その部が炎症がない健康な組織に置き換わる事を目指します。
治癒に影響を与える因子
1. 病的な組織がしっかり取り除かれている
根分岐部、骨縁下底部、根の窪み部など不良肉芽である病的組織が残りやすい部分です。基本的なことですが、切開、歯肉弁形成、デブライドメント、薬剤塗布、縫合の各ステップでそれぞれ正確な手技がなされることです。汚い所には、健康な組織ができてこないのです。
2. 術前・術後の管理が適切に行われている。
術前には、プラークコントロールが十分に行われ、取り除くことが可能な炎症をなくすことです。歯肉から出血していたらだめです。術後も同じことです。
3. 歯周組織のダメージの進行程度
残存している骨の量が少なくなれば難易度が上がります。残っている骨壁のパターンによって治癒する量が決まってきます。すべての方向に骨壁が残っているのが一番期待の高いパターンです。
4. 咬合の安定
咬み合わせが安定せず、無理な力が加わると、組織ができてこなくなります。暫間固定などをします。
5. 年齢、全身的な要素
高齢になれば、再生に対して不利になると考えられています。持病があれば、よくコントロールされている状態にします。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ