perio Blog

2013年1月 7日 月曜日

歯ぎしりは歯周病悪化の原因

歯ぎしりは、寝ている間に無意識に行っていることが多いです。ギリギリという音がして歯をすり減らすばかりではなく、歯茎にも負担がかかります。
歯周病で炎症を起こしている歯茎に強い力が加われば、さらに炎症が強くなり、歯を支えている歯槽骨へも強い力が加わります。その結果、歯槽骨の破壊が進み重度の歯周病になります


次のような状態があれば、もしかしたら「歯ぎしり」のためかもしれません。
■ こんな症状はありませんか?
1. 朝起きた時にアゴがだるいと感じたことがある。
2. 歯ぎしり音があると言われた。
3. 肩こり、偏頭痛、首筋のコリがある。
■ 歯の状態
1. 高度の咬耗(すりへり)、年齢を考慮しても減っている。
2. 通常咬み合わせている部分から離れた位置の摩耗がある。
3. 頬粘膜に歯列の圧痕がみられる。
■ 触診(触った時の状態)
1. 歯の動揺度が増加する。
2. 咀嚼する時に使う筋肉が肥大している。
3. 顎関節部に圧痛がある。
■ 歯周組織の状態
1. 重度の歯周炎、特に、炎症が比較的軽度であるのに高度の骨破壊(垂直的骨吸収)がみられる。
2. 臼歯の歯周炎、根分岐部病変の進行がみられる。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ