perio Blog

2013年1月28日 月曜日

妊娠すると歯周病になる?

妊娠すると歯肉炎が増悪することがあります。妊娠性歯肉炎と呼ばれています。この歯肉炎は、妊娠が直接的原因ではなく、プラークによって生じた炎症が妊娠による性ホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)の増加により、炎症反応が強く生じたものです。
一般的に、口腔清掃が悪く妊娠前から歯肉炎になっていた女性は、妊娠により増悪します。一方、妊娠前に歯周組織が健康で口腔清掃が良い女性はに妊娠性歯肉炎はほとんど起きません。

原因
1. 初発因子はプラーク(歯垢)です
口腔清掃が不良なことが最大の原因になります。
修飾因子(増悪因子、リスクファクター)
1. 妊娠によるプロゲステロンの増加とそれによる微細血管系の変化
2. つわりなどにより、ブラッシング十分行えないこと
3. 歯周病菌Prevotella intermediaの関与が疑われる
症状
1. 歯間乳頭が赤く腫脹して、軟かく出血しやすい。
2. 歯肉炎は妊娠2~3か月より増悪して、8か月頃ピークに達し、出産後には軽減します。
治療法
1. プラークコントロールをする。
2. スケーリング・ルートプレーニングをする。
3. 口腔清掃指導を受ける。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ