perio Blog

2013年3月25日 月曜日

歯周病治療の基本的考え方

歯周病のほとんどは、本質的に炎症性疾患(歯肉炎と歯周炎)です。
そこで、局所の炎症性病変を治療する基本は、局所に炎症を引き起こす刺激物である原因を取り除き、修復を促すことです。
第一に原因除去療法を行い、次に歯周組織の修復過程を促して破壊された歯周組織をできるだけ修復することです。
1. 原因除去療法
・ 歯周病の最も重要な原因(初発因子)であるプラーク(歯垢)を取り除きます。歯肉縁上(毎日のブラッシング)、歯肉縁下(歯科医院で行う)のプラークを協力して除去します。
・ プラーク増加因子(炎症性の修復因子)を除去改善します。不適合冠や詰め物、虫歯の穴などには、プラークがたまり易いのでそれらを治します。
・ 歯周組織に咬合性外傷を引き起こし、歯周炎を増悪させる外傷性咬合を除去します。
・ 対症療法では、プラーク除去などの原因を取り除くことはできません。鎮痛剤、抗生物質などでは一次的効果のみです。また、歯肉を切開し膿を出しても根本的な解決にはなりません。
2. 全身性因子
全身性因子は、初発因子ではなく修飾因子です。
糖尿病や血液疾患などに罹っていると、プラークにより炎症を強く生じやすくなります。すなわち、局所因子の除去を行った上で、全身性因子の改善を図ります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ