perio Blog

2013年4月 8日 月曜日

噛みあわせの異常が歯周病を悪化する

歯周病は、プラーク中の歯周病菌が初発因子として起因する病気です。その炎症で弱った歯周組織に、悪い噛みあわせのダメージが加わり、さらに悪化するのです。
噛みあわせの異常、悪い噛み合わせとは
1. 早期接触、咬頭干渉
歯周病で炎症を起こして、骨が溶けだすと支えがなくなるために歯が傾いてきます。すると歯の一か所だけ強く当たる部分が出来たり(早期接触)、側方に動かすたびに強く当たる部分(咬頭干渉)ができます。放置するとさらに骨が溶けて噛みあわせに異常をきたします。
2. 咬合面形態の不良、咬耗歯
歯が摩耗すると噛みあわせの接触面積が増えるため、横揺れに対して強い力が加わります。歯はこの横揺れに対して非常に弱いのです。
3. 歯ぎしり
過度な力が加わり適応能力を超えるので、歯周組織が耐えられなくなります。
4. 歯列不正、歯並びの悪さ
噛みあわせが均等に当たらないため、噛んで接触する部分だけに力がかかります。
5. 口呼吸
口呼吸により口唇の力が弱まり歯列不正を引き起こします。
6. 食片圧入
食べ物が歯の間に詰まる状態が続くと、どんどん歯の間を押し広げて噛み合わせまで乱れてきます。
異常状態が続くと・・・
高度な歯周病になり、正常な噛みあわせ力でも、歯周組織が耐えられなくなります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ