perio Blog

2013年6月24日 月曜日

歯肉炎が歯周炎に進行する要因

歯肉炎は、歯肉のみに限局した炎症です。従って、治療によって元に戻り、治すことが可能です。
歯周炎になると歯肉のアタッチメントロス、すなわち歯周の奥へ炎症が波及していきます。ポケットが深部に進行するので、治療により元の歯肉の位置よりも歯根側に下がった位置でしかくいとどめれません。
すべての歯肉炎が歯周炎に進行するわけではありません。長期間歯肉炎のままのこともあります。
まだ十分に進行していく理由は解明されてはいません。

歯肉炎が歯周炎に進行すると考えられる要因
1. 病原性細菌の存在(初発因子)
数量の増加・・・細菌を増加させる因子が関与している。
病原因子の強さ、活性度・・・毒素、酵素、抗原など
組織内への侵入能力
2. 宿主の応答(宿主因子、全身性因子)
リスクファクター・・・宿主応答を変化させる
全身疾患、喫煙、生活習慣、栄養
ストレス、社会的因子
咬合異常、咬合性外傷
遺伝


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ