perio Blog

2013年7月22日 月曜日

歯周病の方の矯正治療

歯列矯正は、装置をはめるのでブラッシングしにくく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、歯周病の方が矯正治療する場合は、歯周病がより悪化しやすくなります。
歯周病を放置したまま矯正治療をすると
1. 歯並びを整える際、歯を押す力のかかる側の骨が溶け、逆に歯が引っ張られる歯の側の骨が添加されます。そこに歯周病の炎症があると骨がうまく添加されません
2. それは、歯の周りの骨が溶けたままになるという事=歯肉が痩せることです。歯の間のすき間が目立ち空隙ができます。この空隙をブラックトライアングルと呼びます。
3. ひどい場合は、歯が動揺してきます。
4. 歯列矯正した歯が後戻りしやすくなります
矯正治療をスムーズに進めるには
1. 歯周病の基本治療(プラークコントロール、スケーリングなど)を行います。
2. 矯正治療中も歯周病のコントロールを行います。
3. ご家庭で矯正装置の周りを丁寧にブラッシングします。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ