perio Blog

2013年10月21日 月曜日

プラーク検査の染色剤

歯周病の検査でプラークの付着度や付着部位を調べるには、プラーク(歯垢)を赤く染色する染め出し液を使います。
スコアとして数値で表したり、どこの部位が磨きたりないかを調べます。
プラーク染色剤
1. エリスロシン
食用添加物として厚労省から認められている食用赤色3号で、3%の溶液が市販されています。
2. 中性紅
2%前後の水溶液として使用します。
3. プラークライトシステム
蛍光色素を用い、2色性フィルターの付いた光源を照射し、プラークを顕示させます。肉眼では目立たないので、口唇や粘膜が赤く染まることはありません。ただし、なるべく飲み込まないように注意しましょう。
プラークが残りやすい部位
1. 歯の付け根
2. 歯と歯の間
3. 咬みあわせの溝の面
4. 噛み合せの相手のない歯
5. 歯の裏側
6. 奥歯の後ろ側



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ