perio Blog

2013年10月28日 月曜日

食片圧入の検査

食片の圧入は、歯間部の歯周組織を高度に破壊する原因の一つです。
自覚症状と他覚症状の検査
食片がはさまりやすい部位や程度を問診し、実際に歯間部に圧入されている食物の有無を調べます。
特にエックス線写真で隣接面に垂直性吸収のある部位は注意深く調べます。
食片圧入の原因の検査
食片圧入を起こす原因として、
1. 歯間離開度(接触点の強さ)の不良
2. 辺縁隆線の消失や高さの不揃い
3. プラガーカスプ(対合歯の咬頭が楔状に接触部に噛みこんでいる)
4. 早期接触
5. 歯の動揺
などがあります。中でも歯間離開度の検査は大事です。
歯間離開度の検査
歯間離開度は正常な場合、臼歯の平均値 下顎70μm  上顎90 です。(50~110μmに分布)
食片圧入は、110μmを超えると危険性が生じ、150μm以上では公立に発生します。
コンタクトゲージやデンタルフロスを接触歯間部に通して調べます。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ