perio Blog

2014年1月27日 月曜日

垂直歯根破折の原因

垂直歯根破折が起こると、歯周組織にまで影響が及び歯牙が保存できなくなる場合も多く見受けられます。
原因とリスクファクター
1. 強い外力
歯に強い外傷性咬合が加わり応力が一部に集中して破折をきたすことがあります。
さらに1回の強い衝撃ではなく強い咬合力が日常的に何度も加わることによって小さな亀裂が入り、その亀裂が次第に大きくなって完全な破折に至ることが多いと考えられています。ブラキシズムや強い咀嚼力がリスクファクターとなり、特に残存歯が少なく強い力が働くと、ブリッジの支台などでは危険度が高まります。
2. 歯質の弾性の減少
垂直破折は中高年に多く、生活歯に比べ失活歯に多くみられます。増齢や歯髄の失活により象牙質の弾性が減少します。さらに失活歯では、抜髄や根管拡大により残存歯質量が減少することもリスクファクターになります。
3. 内側性の歯冠修復物やポスト支台など修復物の構造と接着不良
インレーやポスト支台は、咬合力加わると「くさび」として噛む力が加わる可能性があります。特に接着力が不良だとその傾向が強くなります。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ