perio Blog

2014年3月10日 月曜日

歯周外科における骨整形術

歯周病治療では、プラークコントロールや基本治療により、原因であるププラーク中の歯周病菌を取り除いていきます。
しかしながら、ポケットが深かったり、歯周病による歯周組織の破壊が進んでしまったため、その効果が十分改善されない場合、
歯周外科や歯周再生療法といった外科処置が必要なこともあります。
歯周外科においては、深い歯周ポケットの改善、骨縁下ポケットの改善、不良な病巣の除去などを行います。
また、清掃しやすいように骨整形術も合わせて行う場合もあります。
骨整形術とは
シャーピー線維が埋入していない非支持骨を削除する手術です。
骨辺縁部が棚状、隆起状になっていて清掃性や審美性が悪い場合、歯槽骨の形態を生理的な形態にします。
そうすることにより、食物の流れる方向が良くなり、清掃しやすくなります。
骨削除には、ラウンドバーNo.6,8,10や骨ヤスリなどを使います。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ