perio Blog

2014年3月17日 月曜日

小帯切除術 名古屋市コンドウ歯科

上唇の付け根が前歯の間まで延びているような時は、前歯の間に隙間ができて歯並びを悪くするようなことがあります。
そのような場合には、前歯の間に入り込んでいるスジ(上唇小帯)を切除する方法があります。
1. 口腔前庭が深く、異常がない場合
上記のように、小帯が過剰に発達している場合、裏側の口蓋側まで達しているために、歯間離開の原因となっている時。
メス又は歯肉鋏で小帯のみを切り取り、縫合してパックする。
2. 歯周炎により歯肉が退縮して小帯異常が生じた場合
小帯を切り取らずにメスで切断する手術をします。
口腔前庭の拡張、付着歯肉の増加を図る。
小帯の検査
正中部に歯間離開がある場合には、小帯異常が原因かどうかを調べる。
さらに基本治療後小帯付着部付近の清掃状態、歯肉の炎症、ポケットの深さなどを調べて適応症かどうかを判定する。
ポケットが形成されている場合には、口唇や頬粘膜を引っ張って、ポケット壁が小帯とともに動くかをチェックする。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ