perio Blog

2014年4月15日 火曜日

歯周外科治療後のメインテナンス 名古屋コンドウ歯科

歯周病の基本治療で症状が改善されない場合、歯周外科治療を行うという選択があります。
その後には、術後の管理の良否が予後に大きく影響します。
メインテナンスをしっかり行い、プラークコントロール徹底と咬合性外傷を除去する事が大切です。
歯周外科の目的
1. ポケットを形成している歯肉を再び付着させてポケットを浅くする。
2. 口腔清掃を困難にする歯肉、歯槽骨、小帯、口腔粘膜の形態異常などの改善をする。
3. 失われた歯周組織の再生をする。
4. 歯肉の退縮による審美性を改善する。
5. 適切な保存修復や補綴処置を行うための歯周組織の形態修整をする。
術後のメインテナンス
1~2週間後に抜糸、パック除去などをしたら、軟かい術後用のハブラシでブラッシングをします。
手術により歯肉の形態が変化しているので、歯科衛生士よりハミガキ指導を受けます。
3~4週間後には、普通の硬さのブラシに戻すことが出来ます。
歯間部の清掃も丁寧に行います。
その後メインテナンスに入っていきます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ