perio Blog

2014年5月 6日 火曜日

歯肉退縮の原因 名古屋 コンドウ歯科

歯肉退縮すると、審美的に見た目が悪くなるばかりか、歯茎の位置が不揃いとなりプラークコントロールもうまくいかなくなります。
歯肉が退縮した時の症状
1. 楔状欠損がみられる。
2. 知覚過敏の症状がみられる。
3. 根面カリエスになる。
4. 歯頚線が不揃いとなり審美的に悪くなる。
5. 歯周病で歯槽骨が吸収された場合に多く見られる。
6. 修復物のマージンが露出する。
歯肉退縮の原因
1. 付着歯肉の不足
可動粘膜である歯槽粘膜に引っ張られて歯肉が退縮しやすい。
2. 小帯の高位付着
小帯に引っ張られやすい。
3. 歯牙の位置異常
唇側部に歯の位置があると内部の歯槽骨、歯肉の圧のが不足する。
4. プラークによる炎症
歯周組織の炎症により、歯槽骨の吸収とそれに伴う歯肉の退縮がみられる。
5. 不適切なブラッシング
ブラシの当て方、強いブラシ圧、歯磨剤の付け過ぎなどの不適切な磨き方が原因する。
6. 成人矯正
歯の移動に伴う歯槽骨の吸収、新生がうまくいかず、吸収の方が勝ってしまう。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ