用語集

2014年5月26日 月曜日

歯周パック 名古屋市 コンドウ歯科

歯周パックとは、歯周外科後などの軟弱な歯茎を保護するためのペースト状の被覆材です。
目的
1. 歯周外科(歯肉剥離掻爬術、歯周形成外科など)によって生じた創面の保護をします。
2. フラップ手術や歯周掻爬術などで歯肉弁を骨面や歯面に適合密着させます。(通常1週間装着)
3. 小帯切除術や口腔前庭拡張術では、創面の密着を防ぎ、前庭を広げるなどで用います。(1週間後に交換し、2週間装着)
4. 高度な動揺歯では、暫間固定の役割もします。
材質
1. ユージノール系
弱い消毒性があるが、逆に刺激性があり、副作用として過敏症を示す人がいる為ほとんど使われなくなりました。
2. 非ユージノール系
消毒力がないので、他の抗菌薬を入れているものが多い。
COE-pack(ペースト状)、Perio-Cure、Peripackなどは柔軟性が残り、
縫合した後に用いてもパック除去時に、縫合糸に加わる力がすくなく、傷まずに除去できます。

投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ