perio Blog

2014年7月28日 月曜日

歯周病の咬み合わせ調整

歯周病になると歯の周りの組織が失われ支えの骨も溶けてきます。
すると歯が少しずつ動いてきます。
歯列全体からすると前歯の方(近心方向)へ倒れてきます。
また、炎症が強く出てくるとその歯だけ緩んで、先に咬み合せ当たる(早期接触)ようになります。
そのような場合には、咬み合せを調整したり、歯列境矯正をしたりします。
咬み合せの調整方法
1. 咬頭嵌合位(カチカチと噛んだときの当たり)の早期接触と咬合力の方向を診査して咬合調整をします。
2. 次に、側方と前方運動時の早期接触(咬頭干渉)を検査して削合調整をします。
3. 後方接触位は、顎関節症やブラキシズムが強い場合にのみ検査して調整します。
咬合調整時の注意事項
1. 咬合高径は低下させない。咬合高径を維持する部位の咬合調整はしない。
2. 側方圧をできるだけ減少するように調整をする。
3. 削合により機能咬合面が広くなるのを避け、小さくなるように調整をする。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ