perio Blog

2014年8月11日 月曜日

歯周病の歯の咬む面の形(咬合面形態)

咬合面形態は、その歯が受ける咬合力に大きく影響し、咬合性外傷を防ぐ上で重要な因子です。
歯周病により支持力の低下した歯を、咬耗のない若い年齢の解剖学的形態に修復するわけではありません。
咬合性外傷を防ぐためには次のような配慮が必要です。
1. 早期接触がないように調整をする。
2. 咬合力ができるだけ歯軸(垂直)方向にかかるように調整をします。
側方圧を小さくすることが大切です。
例えば、上顎前歯も舌側面に咬合平面を作りできるだけ歯軸方向の力が加わるように工夫します。
3. 咬合面の頬舌幅径を小さくし、咬合面積を小さくします。
4. 咬頭頂と咬合斜面をなだらかにします。
支持力が著しく弱い場合には側方運動と前方運動時の接触を避け、咬頭嵌合位のみ接触させます。
5. 対合歯との接触は面接触は避け、出来るだけ点状に当てます。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ