perio Blog

2014年9月30日 火曜日

象牙質知覚過敏症に用いる薬剤

歯周病で根元が見えてきくような歯には、知覚過敏症がみられることがあります。
冷たいものがしみ、歯ブラシを当てるとキヤッとします。
ひどい場合には、風が吹いてきただけでしみます。
そのような場合に薬剤を利用することがあります。
1. 象牙質を被覆して外来刺激が象牙質に伝わるのを防ぎ、
  二次象牙質の形成を促すもの。
  接着性レジン、ボンディング材、グラスアイオノマーセメント、歯周パックなど。
2. 象牙質表面に塗布して表面の石灰化を促進し、
  細管を閉鎖して細管中の組織液の流れが生じないようにするもの。
  NaF,SnF2などの塗布やイオン導入
 
3. 象牙質の表面に塗布したりイオン導入して、象牙芽細胞の突起または
  細胞全体を変性凝固させ、刺激が伝わらないようにするもの。
  ホルマリンFC、パラホルム、硝酸銀など。
4. 上記の1,2,3の二者または三者の複合作用を狙ったもの。
  フッ化ジアミン銀(サホライド)、HY剤セメント、シュウ酸


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ