perio Blog

2014年10月13日 月曜日

歯石が歯周病の病因として果たす役目

歯石が歯周病の最も重要な病因として、1960年頃には考えられていました。
しかしその後の研究の結果、最も重要な因子はプラーク(歯垢)であり、
歯石の病因としての役割は、表面が粗造であり、プラークを常に付着増殖させ、
取り除きにくい状態を作り出していることにあることが明らかとなりました。
物理的刺激説の否定
かつての「物理的刺激説」(歯石の粗造面が機械的に歯肉を傷つけて炎症を起こすという説)は、
否定されした。
1. Listgartenらは1973年に、クロールヘキシジンなどの消毒液で歯石上のプラークを除去すると
上皮付着が生じることを報告しました。
しかし通常では、歯石は常にプラークで覆われており、ブラッシングなどの口腔清掃を行っても
プラークを取り除くことが困難なため、歯肉に炎症を誘発してしまいます。
2. また、歯石自体の中にプラーク由来の有害物質が含まれており、それが歯肉に接した場合に
歯肉に炎症を起こします。(初発因子的役割)
3. 歯石は、上皮や結合組織の根面への付着を阻害します。
現在の考え方
歯石は重要なプラーク増加因子の一つです。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ