perio Blog

2014年12月 8日 月曜日

咀嚼運動と嚥下運動

咀嚼運動
口腔全体の総合作用で行われ、条件反射に基づく複雑な神経筋機構の運動です。
歯(歯根膜)、舌、頬、口唇などから中枢への情報、上下顎咬合状態、
過去に習得した習慣などに大きく影響を受けます。
咀嚼時の上下の歯の接触は、咬頭嵌合位(中心咬合位)を中心に側方位や前方位で起こり、
後方接触位(中心位)で起こることはほとんどありません。
嚥下運動
先天的に備わっている反射運動で、
1. 貯留した唾液の嚥下(空嚥下ともいい、睡眠中にも生じる)と、
2. 咀嚼の最終段階としての食べ物や水などの嚥下
に区別されています。
嚥下時には上下の歯が接触します。
従って、睡眠中でも唾液の嚥下時に上下の歯が接触します。
嚥下時の接触の多くは、咬頭嵌合位で生じるますが、
唾液の嚥下時には後方位で摂食することもあります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ