perio Blog

2014年12月15日 月曜日

歯周組織に生じると思われる免疫反応による組織破壊

1. 体液性免疫反応による組織破壊
慢性歯肉炎や歯周炎では、多数のプラズマ細胞が出現しており、
抗体(主にIgG、他にIgA、IgM)を産生し、組織中に侵入した
抗原と反応し(抗原抗体反応)、免疫複合体を作ります。
これは補体を活性化し、好中球を遊走させ、集合させます。(走化性)
好中球はこの複合体を貪食しますが、
その過程でリソゾーム酵素を放出し、コラーゲン線維などの組織を破壊します。
さらに白血球も破壊され、炎症が長期化します。
2. 細胞性免疫反応による組織破壊
慢性歯肉炎や歯周炎では、マクロファージの抗原処理により
T細胞が活性化され、サイトカインを産生します。
サイトカインは多くの因子を含んでおり、炎症性細胞の遊走促進、
細胞毒性を有して線維芽細胞を変性させたり、破骨細胞活性化因子を有、
し歯周組織を破壊します。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ