2015年1月26日 月曜日

糖尿病の方の歯周炎

糖尿病は歯周炎の初発因子ではありませんが、
全身の重要な修飾因子(リスクファクター)です。
糖尿病が歯周病を進行させるメカニズムは解明されつつあります。
糖尿病によって生じる「末梢血管障害」、「免疫機能障害」などが
関与して修飾すると考えられています。
一般に糖尿病になると感染を起こしやすくなり、
特に糖尿病の治療が十分でなく病気が進行している時期(活性期)には
その傾向が強くなり、歯周炎の修飾因子として大きな役割をします。
例えば、歯周膿瘍が生じやすくなります。
一方、糖尿病がコントロールされている場合や軽度の糖尿病の場合には、
歯周病の発症、病変の進行などに対して大きな影響はありません。
すなわち、糖尿病のコントロールが悪い場合、プラークコントロールが悪い場合に
糖尿病は歯周炎の重要なリスクファクターとして働きます。


投稿者 コンドウ歯科


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ