perio Blog

2015年2月 9日 月曜日

プラーク抑制薬

種々の薬剤が研究されてきたが、プラークコントロールの効果が高く副作用がなく、
長期間毎日使用して安全と考えられている薬剤は、まだ開発されていません。

毎日の歯磨きによる刷掃でプラークコントロールすることが主流と考えられています。
効果がある薬剤
0.2%クロルヘキシジンは、プラーク抑制効果が他の薬剤よりも高いことが認められています。
しかし、プラーク抑制のメカニズムが明確でなく、長期間使用すると味覚障害、
舌や歯の着色、黒毛舌などの副作用が出現
する可能性があります。
日本では産婦人科で副作用(ショック)が報告されたため、0.2%のものは
粘膜(口腔も含む)への使用が禁止されています。
現在、0.001%のものが用いられていますが、
その分効果は低くなっています。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ