perio Blog

2015年2月16日 月曜日

侵襲性歯周炎の特徴

侵襲性歯周炎は、1999年に米国歯周病学会が中心となって発表した分類で、
全身的な健康なものに歯周組織破壊が急速に進行する歯周炎です。
aggressive periodontitisを日本語に翻訳したものです。
内容的には、「急性破壊性歯周炎」と呼ぶような疾患です。
1. 侵襲性歯周炎の特徴(全例に見られる特徴)
1) 歯周組織破壊が急速に進行する。
      (アタッチメントロスと歯槽骨吸収)
2) 全身的には健康である。
      (歯周炎のリスクファクターとなる全身疾患はない。)
2. その他の特徴(すべての症例に認められるわけではない)
1) 家族に類似した重度の歯周秒がみられる。
2) 10~30歳で発症することが多い。
3) 病状進行に対してプラークの付着量が少ない。
4) A.actinomycetemcomitans, P.gingivalisの存在比率が多い。
5) 生体防御機能、免疫応答に異常が認められる。(好中球、マクロファージなど)

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ