perio Blog

2015年2月23日 月曜日

歯周病で動く歯の固定

動揺歯を固定する目的
1. 二次性咬合外傷の除去および高度な歯の動揺の防止
歯周組織の支持力がすでに著しく失われていて、炎症の改善や咬合調整を行っても、
二次性咬合外傷の発現を防げない場合に固定をします。
重度の歯の動揺や歯根膜の拡大などの咬合性外傷の症状が取り除けない場合には、
長期間にわたって二次性咬合性外傷の発現を防ぐ目的で永久固定をします。
 
 
 
 
2. 咬合機能の回復と安定および審美性の回復
歯の動揺が強く、咀嚼機能が著しく低下している場合には、
咀嚼機能を回復して咬合を長期間にわたり安定させるために固定をします。
前歯では審美性の回復も含めて行います。
3. 歯の病的移動の防止
支持力の低下が高度になると、咬合力や舌・口唇の力のわずかなバランスの狂いにより
歯が移動してしまう場合があります。このような病的移動を防止する
目的で固定をします。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ