perio Blog

2015年4月13日 月曜日

歯周外科治療後にはメインテナンスが大事

歯周外科治療後の成績は、術後の管理の良否が大きく影響します。
特に、プラークコントロールの徹底と、咬合性外傷の除去が大切です。
術前の基本治療の徹底
まず、歯周病の原因除去料である歯周基本治療を最初のステップで
徹底的に行う必要があります。
安易に歯周外科手術に移行すると、プラーク中の歯周病原因菌が邪魔をして
傷口の閉鎖を妨げ内部の組織の治癒も邪魔します。
手術直後のケア
縫合や歯周パックを付けた部位は、ご自分でのブラッシングは避け
術者による清掃をします。ただし術部以外のブラッシングは丁寧に行います。
歯牙の動揺が強ければ負担がかからないように、咬合調整を行います。
抜糸後は柔らいブラシから清掃をはじめます。
術後の長期メインテナンス
手術により歯周の状態に合わせてブラッシング方法を変えていきます。
歯科医師や歯科衛生士などによる指導をしっかりお聞きください。
再び歯周の状態を悪化させないために、長期に渡りメインテナンスを行っていきます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ