perio Blog

2015年4月27日 月曜日

歯髄疾患が歯周組織へ及ぼす影響

歯髄疾患や感染根管は、根尖孔、側枝、副根管、髄管を通して歯周組織に影響を与えます。
歯髄内の炎症性炎症性刺激物(内毒素など)や細菌が根尖孔や複根管を通って歯周組織に達し、
「根尖性歯周炎」を起こすことはよく知られています。
根尖性歯周炎により根尖部に歯周膿瘍が形成されると、
瘻孔(排膿路)は通常根尖相当部付近の歯肉や粘膜に形成されます。
しかし、症例によっては、排膿路が根面に沿って歯根膜の中を通って形成され、
歯肉溝や既に存在していた歯周ポケットに連絡することもあります。

臨床的には、この歯髄疾患由来の排膿路は、深い歯周ポケットと類似した状態を示し、
骨吸収を伴ったりして辺縁性歯周炎と類似します。
このような場合ポケットをプロービングすると根尖まで達するが、歯根面が
歯肉縁下プラークで汚染されている真の歯周ポケットとは異なります。
すなわち、その部の歯根面には、プラークの付着はなく、ほとんど汚染されていません。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ