perio Blog

2015年7月27日 月曜日

萌出性歯肉炎とは

歯が萌出する時に見られる歯肉炎です。
原因
歯の萌出が直接の原因ではありませんが、
萌出途上では対合歯との咬合接触がないため、咀嚼による自浄作用が少なく、
プラークが堆積しやすいのです。
さらに萌出中はエナメル上皮が歯肉の内縁上皮となってエナメル質と接触しており、
上皮付着の部位が広く、これが歯面から剥離して深いポケットの状態になっている
場合もあり、炎症が生じやすいのです。
これと同様のことが、萌出中の第三大臼歯(親知らず)にも良く見られます。
治療法
病理学的には、単純性歯肉炎に属し、やわらかめの歯ブラシを用いた
丁寧なブラッシングで治ります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ