perio Blog

2015年10月 5日 月曜日

咬頭嵌合位と筋安定位

咬頭嵌合位
下顎を安静位から意識せずに習慣的に閉じていき、上下顎の歯が
最も緊密に安定して嵌合した時の咬合位で、中心咬合位とも呼ばれています。
この咬合位は、咬合面形態によって大きく影響を受け、
咬耗や抜歯、歯の移動、補綴処置などにより咬合面形態が変わると
変化する可能性があります。
機能的には咬合位の中で最も高頻度に咬合接触する位置であり、
咬頭嵌合位の早期接触は、歯周組織をはじめ咀嚼系全体に
大きな影響を与えます。
筋肉位
左右の咀嚼筋が極めてバランスのとれた活動をし、
安定した状態で(片側のみ異常な筋活動をすることなどがない)、
上下の歯が咬合接触する位置を言います。
「筋安定位」「筋機能位」とも呼ばれ、健常者では咬頭嵌合位と一致しています。
このことは咀嚼系を生理的に健康に保つのに大切であり、
両者が一致しないとブラキシズムや機能障害を生じやすくなります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ