perio Blog

2015年11月 2日 月曜日

根分岐部病変の診査ポイント

根分岐部病変は、歯周病病が多根歯の根分岐部に及び、
根分岐部の歯周組織が破壊され、根面がポケット内に露出して
プラーク細菌に汚染されている状態です。

根分岐部の診査
1. 湾曲した形状のファーケンションプローブを使用して水平的、
垂直的なポケットの深さを図ります。
2. 上顎大臼歯では、歯根が重なって判別しにくいためにエックス線画像診断による
検査が困難なことが多いので、エックス線用プローブを
使用することもあります。
3. 根分岐部の根面には裂溝や小窩が存在し、セメント質の形成不全も
存在することがあるために歯周病変が生じやすいので、レントゲン診査だけで
判断しないようにします。
4. 根分岐部病変のできやすい場合は、解剖学的にはエナメル質の分岐部への侵入、
エナメル象牙境から分岐部までの長ささが短い場合、小帯が発達している、
付着部が少ない場合などです。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ