perio Blog

2015年12月21日 月曜日

歯周炎で歯肉はどうなる?

歯周炎の進行とともに、プラーク中の有害物質が歯肉へ侵入して
歯周ポケットが形成され、深くなっていきます。
炎症性細胞の出動
歯肉の炎症に伴い、歯肉の血管の浸透性が高まり、
好中球、リンパ球、プラズマ細胞が浸潤してきます。
それらの細胞は本来、生体の防御機構の役割を果たしています。
好中球やマクロファージによる貪食作用や、リンパ球、プラズマ細胞による
抗体産生などが行われ、歯肉中に侵入してきた有害物質を破壊します。
炎症性細胞は両刃の剣
これらの炎症性細胞は防御機構を持っていますが、
逆に細胞内へ取り込んだ異物を分解するはずのリソゾームなどの
分解酵素を細胞外へ放出して、コラーゲン線維などの組織を破壊して
炎症を強める作用を持っています。
歯肉線維の減少・消失
炎症性細胞の浸潤と浸出液の増加に伴い、
歯肉のコラーゲン線維は破壊され、減少・消失していきます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ