perio Blog

2016年1月 4日 月曜日

歯髄疾患が歯周組織に及ぼす影響

歯髄疾患(歯の神経の疾患、感染根管)は、根尖、側枝、髄管を通して
歯周組織に影響を与えます。それとは逆に
歯周疾患が原因で歯髄の疾患を引き起こすこともあり、
互いに影響があります。
3パターンあります。
1. 歯内病変(歯髄疾患)に由来
歯の神経である歯髄の病変が出来、それに起因して
二次的に歯周病変が生じるパターンです。
レントゲン所見では重度の歯周炎による歯周組織の破壊ときわめてよく似ています。
2. 歯周病変に由来
歯周病変に起因して二次的に歯内病変が生じたものです。
重度の歯周炎があり深い歯周ポケットを介して根尖孔を通って
細菌やその産物が歯髄に達して歯内病変を生じます。
3. 歯周病変と歯内病変の併合型
歯周病と歯髄疾患がそれぞれ別々に独立して生じ、
両者の病変が連絡併合したものです。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ