perio Blog

2016年3月 1日 火曜日

歯肉炎や歯周炎の場合の歯肉の状態

歯肉炎や歯周炎は、歯肉に何らかの炎症症状が現れます。
健康な場合と病的な場合とでどのような違いがあるかを区別しましょう。
歯肉の変化
1. 色の変化
健康な歯肉はピンク色だが、炎症により赤色を増し、さらに
慢性化すると暗赤色から赤紫色になります。
初期には歯間乳頭部や辺縁歯肉部に色の変化が生じ、これが付着歯肉へと波及していきます。
健康な歯肉でも褐色から黒色のメラニン色素が歯肉に沈着することがありますが、
喫煙者ではこの量と範囲が広がる傾向があります。
2. 形や硬さの変化
健康な歯肉は引き締まって硬いが、炎症が生じると腫脹し軟かくなります。
歯周炎が進行すると歯槽骨が吸収され、それに伴い歯肉が退縮して痩せます。
3. スティップリングの消失
健康な歯肉では、ミカンの表面のような細かいデコボコの
スティップリングという構造が見られます。
炎症が波及すると消失することが多く見受けられます。
4. 出血、排膿
正常な場合は歯肉から出血することはありませんが、
炎症があるとブラッシングやプロービング時に軽い刺激でも出血するようになります。
排膿は炎症が活動性の場合に見られます。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ