perio Blog

2016年4月25日 月曜日

歯の動揺を生じさせる因子

歯の動揺は、その疾患の程度を比較的よく表しており、
診断や治癒過程の判定に用いられています。
生理的歯の動揺
歯の動揺はその歯根膜の厚さ約0.2mmの範囲内で50~100μm程度の
生理的動揺を示します。
部位的にみると切歯部で最も大きく、大臼歯部で最も小さくなります。
生理的動揺は若年者のほうが高齢者よりより、
女性の方が男性よりも大きい。
動揺を生じさせる因子
a. 歯周組織の量的変化に起因する動揺
量的変化とは、深いポケットの形成や高度の骨破壊などの
歯周病の進行に伴う支持組織の破壊性変化によるものです。
その他の影響
妊娠時、疲労時、全身的疾患を有する場合、ストレスを受けている場合などに影響されます。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ