perio Blog

2016年5月 3日 火曜日

歯周病になると歯並びが乱れる?

歯周病が進むと歯並びが乱れ、以前良かった歯並びだが、
隙間が出来たり、飛び出してきたり、デコボコになったりしてくることがあります。
では、如何してこのようなことが起こるのでしょうか。
1. 病的移動
歯の移動は、健全な歯周組織に支えられている歯においては、
矯正治療に認められるような弱い矯正力を長時間加えることによって生じます。
しかし、歯周病に罹患すると、生理的な位置を保っているバランスが崩れ、
歯の移動が生じます。
このような移動を「病的移動」と言います。
病的移動を生じさせる因子は、
1) 歯周組織の支持力の低下や喪失
2) 歯に加わる異常な力 

などが挙げられます。
2. 歯周組織の支持力の低下と喪失
歯周病による炎症や咬合性外傷によって歯槽骨が吸収し、
歯周組織本来の支持機能を発揮できずに、
生理的な咬合力が絶えず繰り返されることによって
歯の病的な移動が生じてきます。
症状は、上顎前歯では正中離開、前突、挺出などが重度の歯周炎で見られます。
歯の喪失により、傾斜、歯間離開、挺出、捻転などの歯の移動が起こります。
3. 歯に加わる異常な力
悪習癖などによって起こることが多く、
ブラキシズム、舌や口唇の習癖などによって生じます。
例えば、舌尖で前歯を押すと歯間離開や前突などの
歯の移動が起こります。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ