perio Blog

2016年5月 9日 月曜日

付着歯肉の幅

付着歯肉は、歯肉溝またはポケット底部から歯肉歯槽粘膜境までの事を言います。
付着歯肉の役割
1. 口唇や頬の運動が、直接、辺縁歯肉や乳頭歯肉に伝達されるために生じる障害を防止する。
2. 十分にブラッシングが行えるように、口腔前庭の深さを確保するためにも重要です。
測定方法
臨床的付着歯肉は、(歯肉辺縁から歯肉歯槽粘膜境までの長さ)-(プロービングの深さ)
で求めます。
歯肉歯槽粘膜境は、頬や口唇を牽引したり、ヨード系溶液などを塗布して確認します。
付着歯肉の幅は歯種間で差が認められますが、
1~9mmの間に存在し、臨床的には3mm程度あるのが望ましいとされています。
付着歯肉の幅を獲得するする方法
歯周外科手術のうち、
1. 歯肉弁根尖側移動術
2. 遊離歯肉移植術
3. 結合組織移植術 などがあります。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ