perio Blog

2016年6月 7日 火曜日

歯周病の細菌学、免疫学について

歯周病の特徴
歯周病は、その主因が細菌であると同時に、
細菌などに対する生体側の防御作用によって成り立っています。
そのため、細菌学、免疫学、生化学検査を行うことによって
歯周病の病態を明らかにできると考えられています。
歯周病り進行はアタッチメントロスが起こらない静止期と
アタッチメントロスが急速に起きる活動期が交互に繰り返しながら
進行していくと考えられています。
このため、活動期と静止期がどのようにして移行するのかを突き止めようと
様々な臨床検査が行われています。
細菌学検査
ポケット内の細菌は、探針、ペーパーポイントなどを使って採取したものを塗抹します。
無染色、グラム染色、好酸染色などが行われます。
歯肉炎では、グラム陽性菌が多く検出されのす。
歯周炎担ってポケットが深くなるにつれ、グラム陰性菌が多くなってきます。
免疫学検査
好中球、マクロファージの食作用、遊走能などに関連した検査です。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ