perio Blog

2016年7月11日 月曜日

歯周疾患の矯正治療に適した可撤式矯正装置

歯周病が進行して重症になってくると、病的な歯の移動が起こり
全体の歯並びも乱れてくる場合が多くみられます。
そのような場合には、可撤式の矯正装置を使って治療する方法があります。
病的移動が生じる過程
・通常は歯、歯槽骨との間に歯根膜という構造でつながっています。
・歯周病により炎症が生じると歯肉や歯根膜の方に炎症が波及して、
その結果早期接触などの咬合異常が起こります。
・炎症と力の組み合わせで加速度的に歯周病が進行して、歯槽骨の破壊が進み
さらに深部にまで炎症が及びます。
・歯の動揺が増して、残っている歯周組織だけではその場所に歯を留めることが出来ず、
病的な歯の移動が起こってきます。
可撤式矯正装置
・ホーレータイプの装置がよく用いられ、唇側線の弾力を用いて前歯の舌側移動を行い、
補助弾線などでさらに細かな移動ができます。
・可撤式なのでブラッシングなどの清掃に支障がありません。



投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ