perio Blog

2016年7月18日 月曜日

根面被覆術はどのようなときに行うか?

歯根面被覆術は、表側の歯肉が薄く、歯肉が退縮して
歯根面が露出してくるような場合に適応されます。
理想的な状態とは、
歯の周りにはしっかりとした骨があり、角化した丈夫な歯肉の存在が
歯周組織の安定につながります。
従って、骨の厚み、歯肉の厚みが確保できる必要があります。
現状は
歯周病、先天的な歯周組織の厚み、ブラッシングのやり方、歯並びの状態などにより
骨や歯肉の厚みは影響を受けます。
例えば不正咬合で歯が飛び出している部分は、歯槽骨の中心の厚みのある骨から外れているので、
表側の骨が薄くなります。そうなると後天的な環境要素の影響を受けやすく、
歯周病などで歯周組織を失いやすくなります。
対策
歯肉移植、骨の移植などにより、歯周組織の厚みを増やすことが出来れば、
歯周組織を安定させることにつながります。
歯肉移植して根面を被覆することは、歯肉を退縮させる悪い環境要素の影響に対しての
抵抗になります。
上あごの内側の歯肉を移植する方法がとられます。
ケースによって適応症があるので、よくご相談することをお勧めします。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ