perio Blog

2016年9月 5日 月曜日

歯周炎になり骨が溶けるプロセス

歯周炎になると、上皮付着と呼ばれる歯の周りの組織が破壊されて、
歯周ポケットができます。
そのポケットに生息する歯周病原因性菌が増殖して炎症が進行します。
骨のリモデリングとは
骨は体の支持組織として、荷重を支え、カルシウムの貯蔵庫としての働きを持っています。
これらの役割を果たすために、骨組織は生涯を通じて吸収と形成を繰り返します。
この現象を「骨のりモデリング」といいます。
歯の周りの歯槽骨が吸収するプロセス
1. 歯周ポケットで歯周病原性菌が増殖します。
2. 菌からリポ多糖など菌体成分が放出されます。
3. それにより歯周組織に炎症が誘発されます。
4. またその菌体成分は、破骨細胞の分化を誘導します。
5. 破骨細胞が活発化することにより歯槽骨の吸収が起こります。
歯周病による歯槽骨の吸収
歯周病による歯槽骨の吸収は、リモデリングによる形成が
損なわれた結果です。


投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ