perio Blog

2016年10月 3日 月曜日

歯周病の局所のリスク因子は?

歯周病の初発因子は、プラーク中の歯周病原菌です。
では、どのようなメカニズムが働き病状が悪化していくのでしょうか。
そこには、リスク因子というものが働いています。
局所のリスク因子にはどのようなものがあるのでしょうか
1. 外傷性咬合
外傷性咬合とは、「無理な咬み合わせの力」が加わるということです。
咬み合わさるときに一か所だけ高かったとします。
すとる全体の歯で咬む力を受けるはずが、そこだけに力が集中します。
早期接触と言います。
摩耗により咬み合わせが狂う、歯周病の炎症で咬み合わせが乱れるなどの場合に生じます。
軽い炎症+過剰な力=炎症悪化と歯の周りの歯槽骨吸収という悪い循環が生まれます。
2. 歯並び
歯並びが悪いとプラークがたまり易くなります。
3. 不適合冠
何が不適合化というと、
1)  豊隆度が過剰でプラークがたまり易い
2)  冠の周りから虫歯になりそのが不潔となる
3)  冠の辺縁の位置が深すぎて周囲からの炎症を生体が防げない
4)  摩耗が進む、咬み合わせが悪くなるなどで咬むときに負担がかかる
4. 歯石
それ自体が悪さすると言うよりは、歯石のザラザラな面に
プラークがたまり易い。
歯石の中ら歯周病菌の毒素を含んでしまうということが
リスク因子として働きます。
5. 不良習癖
口呼吸は、口腔内の乾燥を招き、歯周病菌にとって有利な環境を作ってしまいます。 
偏ったか見方があるとやはり負担がかかるため、歯周病を悪化します。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ