perio Blog

2016年10月24日 月曜日

歯周病と全身とは関わりがあるのでしょうか

歯周病は、歯周病原菌が初発の因子となる感染症です。
その成り立ちは細菌だけではなく、局所的、全身的なリスク因子も影響しています。
さらに、歯周病は、歯肉からの出血、腫れ、歯の動揺、口臭といったお口の中の症状だけではなく、
全身とも深いかかわりを持っています。
歯周病と全身とのかかわり
1. 糖尿病
糖尿病になると体の抵抗力が低下するために歯周病にかかりやすく重症化しやすくなります。
逆に、歯周病治療をすると糖尿病の症状も軽減するという報告もあります。
歯周病で歯肉に炎症を起こすと特定のサイトカインが血液を介してインシュリンの作用を
邪魔すると考えられます。
2. 骨粗鬆症
骨粗鬆症は、骨の形成と吸収のバランスが崩れて骨密度が低下する病気です。
アゴの骨も例外ではなく、骨量が減れば歯周病が悪化します。
3. 動脈硬化
歯周炎により作られるサイトカインが血管内に脂肪性沈着物を作り、血液の流れを悪くします。
狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの重大疾病にも関係してきます。
4. 早期低体重児出産
歯周病による炎症性物質がへその緒を介して胎児に影響を与えます。
5. 誤嚥性肺炎
肺炎の菌の中から、多数の歯周病菌が検出されています。

投稿者 コンドウ歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

  • RSS配信
  • RSSヘルプ